採用試験の前に準備すること

経理部では新しい勤怠管理のツールを採用しています

会社として行う管理業務の中でも、勤怠管理は大変に重要な位置づけにあります。
企業組織の中で、構成している個人が勝手なことをやりだしたら、それこそ収拾がつかなくなります。
そこで、一定の枠を設けて、勤務時間や休日などを明確に定めているのです。
その制限をしっかりと守らないと、その分は給与からカットするということを厳格にやらないことには、組織全体の規律が乱れてしまうからです。
遅刻の常習犯であっても、給料から差し引かれていないことがわかれば、他の従業員にしてみれば、やる気を大いに損なうことは想像に難くありません。
組織を構成している人々のモラールが下がってくると、それはたちまち会社の業績にも悪影響を与えかねません。
勤怠管理は、このように重要なマネジメントなのです。
出勤時刻や退社時刻の管理は、タイムカードを打刻することで行っている会社が多いですが、昨今は、新しい手法を採用するところが増えてきました。
というのは、タイムカードでの打刻方式ですと、ほかの従業員に頼むこともできますので、本当に本人が押したのか、必ずしも確実とは言えません。
昨今採用されているのは、指紋認証、あるいは、ICカードによる管理です。
この手法ですと、よほどの例外的状況以外は、本人が押したことは確実です。
勤怠管理は経理部、あるいは総務部での給与計算にも反映されますので、正確性が大前提になってきます。
こういった新しいツールの採用が進行しているところを見ても、多くの会社の経理担当者が勤怠管理の重要性を正しく認識していることが理解できます。
新規ツールは決して高額な費用を必要とするものではありませんので、経理的に会社に与える負荷は、大きなものではありません。

ページの先頭へ戻る