採用試験の前に準備すること

採用されやすい大卒者の趣味

大卒者は大学院卒者などに比べると専攻や専門にとらわれず、総合職として採用される場合が多くなっています。つまり、必ずしも専門性は期待されておらず、何でもこなせそうな人の方が採用されやすいのです。だから、学業だけではなく、サークルや趣味で素晴らしい成果を上げている人も採用されやすいのです。ただし、趣味の場合には会社にとって好ましいものとそうでないものもあるので、趣味をアピールすることで採用されやすくなるとは限りません。
国際化などにより、英語や異文化理解の必要性は高まってきています。よって、海外旅行や英語学習などを趣味にしていると採用されやすい企業が多いです。ただし、全くの国内向け企業においてはマイナス評価になる場合もあるので、履歴書などを書くときには企業の求めている人材像をよく見極めて記入した方が良いです。
また、大卒者には高い専門性を必ずしも求めていませんが、高い専門性を持っていることはより採用されやすい状況を作ってくれます。ゼミで活躍したり、業務で使いそうな知識が得られる難関資格を取ることも素晴らしいことなのです。つまり、ゼミの研究内容を趣味としたり、資格取得が好きだといえば内定が得られやすくなります。
大卒者の多くは営業職につきますし、地方勤務になる可能性も高いです。このような場合には車で営業に回る場合も少なくありません。つまり、ドライブを趣味としておくと評価が上がるのです。運転技術もよく運転しているなら期待ができますし、車での営業回りもスムーズにできると考えられるからです。
また、スポーツなどの直接仕事とは関係のない分野を極めていることもプラス評価になります。困難に立ち向かう勇気と突破力の証明になるからです。

ページの先頭へ戻る