採用試験の前に準備すること

採用されない人は靴を短所として見られているかも

就職活動において、靴は面接でよく見られ、そして採用の基準にされやすい部分です。
スーツの面接ならば革靴を履いて行くのは当然です。しかし、そのデザインについて考慮している方は意外と少ないのではないでしょうか。実は、革靴のデザインにも採用のために必要なポイントがあるのです。
まず、カジュアルな雰囲気のデザインは徹底的に省きましょう。出来るだけ、紐のあるデザインを選ぶことが重要です。そして、色も黒を選びましょう。面接のスーツで黒系統以外を選べば、致命的な短所として間違いなく採用されません。それは、靴も同様です。
また、デザイン以外にも、意外な落とし穴もあります。面接で、その人の長所と短所を聞く場合は多いものですが、そこで真面目であったり、几帳面であるなどの受け答えをしている場合、その外見がその答えに伴っているかを真っ先に見られるでしょう。
そこで、もし靴が汚かったり古かったりすれば、その受け答えは嘘である可能性が高い、と判断されてしまいます。面接に向かう前に、しっかりと磨いておくことが重要です。
そして、私服の面接の場合、靴選びは特に重要です。スニーカーは論外と言えるでしょう。あまり目立ち過ぎない、無難なデザインの物を用意することが大事です。
最後に、どの面接でも、音が鳴り過ぎてしまうタイプの靴は選ばない方が良いでしょう。靴音が響きすぎれば、本人よりもその音が印象に残ってしまいます。それはあまり喜ばしいことではありません。
これからその会社で働く人に、会社は遊び心を求めたりはしません。面接であっても、仕事としての場であることを忘れてはいけないのです。そして、こういった場で真面目になれないような短所を持っている人は、やはり採用を見送られてしまいます。
面接も仕事の一つであることを考慮して、客先に出向いているような心構えで挑むことが大事なのです。

ページの先頭へ戻る