採用試験の前に準備すること

プログラマの採用面接はベテランになれそうな可能性

プログラマという職種があります。
この仕事は、プログラム言語を使用してプログラムを組み、システムやソフトウェアを作り上げていくものです。
作られるシステムやソフトウェアは、企業だけで利用されているものではありません。
携帯電話やテレビ、電子レンジなどと、日常生活で身のまわりにあるすべてのところに、コンピュータープログラムが使用されているのです。
仕事の流れとしては、SEと呼ばれるシステムエンジニアがシステムの仕様書を作って、その仕様書に基づいてプログラマがプログラムを作成していく手順となっているのが一般的です。
基本的な仕事内容としては、2つのものがあります。
まずは、プログラミング言語を使って、SEの書いた仕様書にのっとったプログラムを組むことです。
もう一つは、自らが作成したプログラムが仕様書の記載どおりに動作するのを確認することです。
ベテランともなると、あるいは職場によっては、結合テストやリリース作業、機能仕様書の作成などと、範囲の広い仕事を行う場合もあります。
プログラマの採用面接にあたっては、とりたてて、他の業種と異なった評価をしているわけではありません。
もちろん、仕事の能力を再優先に見ます。
とはいえ、新卒採用の場合など、ベテラン並みの技術力を希望するのは無理ですので、将来的な可能性をチェックするのです。
WEBサイトを作った経験があれば、それは有利に働くことでしょう。
ほかには、ビジネスパーソンとしてふさわしい服装をしているか、健康そうか、コミュニケーション能力を持っているか、協調性のあるパーソナリティーを持っているかなどを、採用面接では見るのです。
ある意味、プログラマとは地味な側面のある職種かもしれませんが、専門性をブラッシュアップすることで、ベテランと呼ばれる存在になることは、夢ではありません。

ページの先頭へ戻る