採用試験の前に準備すること

採用試験の前の下準備

採用試験をクリアする為には下準備を入念に行っておくことが大事です。基本は身嗜みを整えておくことですので髪が伸びている場合は清潔感があるようにカットしておいたり、茶髪ですと印象が良くなかったりしますので染めておくといった準備をしておきましょう。スーツやネクタイ、靴などが綺麗になっているかどうかのチェックも大切です。長く仕事探しをしているとスーツがへたってきたり靴が汚れてしまいますが、そうした部分にも気を配る必要があります。面接当日に気付いて慌てるようですと大変ですので確認をしておいた方が安心と言えます。会場までの経路をしっかりとチェックしておくことも大事です。特に地理に疎い場合は一度足を運ぶなどしておいた方が良いでしょう。もし採用試験に遅れるようなことがあるとかなりのマイナスになってしまいますし、不採用に近付いてしまいます。下調べをしておくだけでも安心感が持てたり、また会場を見ておくことで緊張を和らげることにも繋がるはずです。採用試験では面接が行われますが、その際に伝えたい内容をしっかりと整理しておくことも大事です。特に志望動機や自己PRは定番中の定番の質問でもありますので、まとめておいた方が安心と言えるでしょう。ただし丸暗記をする必要はありません。面接は緊張し易い場面でもありますから暗記をして臨む方も多いようですが、棒読み状態で話をするのは却って印象が良くないのです。自分の言葉で話をした方が気持ちも伝わり易くなりますので、要点だけを押さえて後は自分なりの気持ちを込めながら話すのが印象を良くするポイントと言えます。前以てやるべき下準備を行っておくのが成功率を高める為のコツですので、あらゆるポイントを疎かにしないように心掛けましょう。

採用試験で多い失敗とは

採用試験の日までには、入念な準備をしてから行くようにしなくてはなりません。面接が何段階かに分かれていたとしても、その面接は一度きりしかないからです。面接を失敗してしまえば跡がありませんので、一回一回を真剣に失敗しないように頑張らなくてはならないでしょう。しかしそれだけ入念な準備をしていたというのに、採用試験では失敗をしてしまう事もあります。そうなると今までの努力を無駄にしてしまう事になりますので、失敗をしないように気をつけなくてはなりません。採用試験の際に多い失敗談としては、遅刻をしたというのがあります。遅刻の原因はそれぞれで、交通渋滞が起きてしまったとか、迷子になってしまった、寝過ごしてしまったなどいろいろな理由があります。例え数分間の遅刻であったとしても、遅刻は遅刻ですので、一時間遅れる人と変わりないことを知っておきましょう。万が一遅刻をしそうになった場合にはどのようにすればいいのでしょうか。諦めて会場に行かないという人もいるかもしれませんが、それは常識として問題があります。万が一遅刻をしそうになってもあきらめてはいけません。素直に伝えて詫びることによって、受け入れられる可能性もあるからです。遅刻をしそうになった時には、最少試験時間までに必ず連絡を入れるようにしましょう。遅刻しそうな理由を述べるようにし、いつくらいに到着が出来そうなのかを伝えなくてはなりません。ただ遅刻を思想という事だけを伝えても、いつ到着するかもわからない人を担当者も待つことは出来ませんので、必ず目安の時間を伝えることです。連絡を入れておけばそれでいいというわけではありません。到着をした時にも誠心誠意お詫びを伝えるようにして、面接を開始してもらいましょう。

採用試験で好印象を与えるには

採用試験で好印象を与えるには、まずは身なりをきちんとすることが大切です。採用試験などは短時間のことが多く、パッと見たときの第一印象で不潔だとかだらしないという印象を与えないように注意しましょう。髪の毛の色は派手ではないか、髪の毛に寝ぐせがついていないか、女性であれば最低限の化粧をほどこし化粧が崩れていないか、爪を短く切る等、清潔感があるように見せることが大切です。その会社に訪問する場合は、受付等での受け答えも非常に重要になってきます。誰が試験官かはわかりませんので、その会社で働いている人は全員試験官だと思って採用試験にのぞみましょう。待合室で待っている間も携帯電話をいじる等の行為はやめましょう。試験の日の前に実際その会社に行ってみることも大切です。場所などの確認にもなりますので、あらかじめ下見をしておけば当日焦ることはなくなります。遅刻などは厳禁ですが、悪天候の場合やバスや電車の事故などのどうしようもない理由のときは、必ず遅れる旨を会社に連絡しましょう。企業によっては遅刻してきた人間に対して試験を許可しない場合もありますが、寝坊などが理由でなければ温情をかけてくれぶ場合は多いです。面接などで話すときの話し方ですが、その場に合わせたトーンで話すことが重要になってきます。あまりにも覇気のない声は試験官はがっかりしてしまいますし、必要以上に大きな声も避けた方が良いでしょう。また語尾をのばしたり、若者の間で流行っている言葉などは使わないように注意しましょう。人は緊張するとどうしても普段の話し方が出てしまいますので、普段から話し方や言葉に気をつけて生活していれば面接でボロが出ることも少ないでしょう。

ページの先頭へ戻る